スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2020東京五輪の会場問題

 2020東京五輪の3会場見直し問題で 4者のトップ級会合で小池百合子東京都知事(64)が有明アリーナか横浜アリーナかで揺れるバレーボール会場の結論をクリスマスまで先送りしています 大会組織委員会の会長森喜朗会長(79)との論戦でした 外から見ると森会長が悪役で小池都知事がやり込める立場は 小池都知事を応援したいです
スポンサーサイト

コロンビアで飛行機事故

 ブラジルのサッカークラブのシャコペエンセチームが乗ったチャーター機が 墜落して76人が死亡して5人が生存しているとしています チームは元神戸のカイオジニール監督(51)で元jリーガーが4人も乗っていました 当時は天候不良としています 

谷原秀人選手の逆転優勝なるか

 12月1日から開幕の日本シリーズJT杯は東京よみうりCCで始まります 池田勇太選手が谷原秀人選手と3076万円ほどリードしていますが 谷原秀人選手が優勝して池田勇太選手が3位ぐらいならば逆転優勝があります 先週の谷原秀人選手はよくありませんでしたが 今週は優勝以外はダメです 

浦和レッズが先勝

Jリーグのチャンピオンシップ決勝戦の第一戦は 後半12分にMF阿部勇樹選手(35)がPKを決めて 浦和レッズが鹿島にアウエイで勝ち 第2戦は12月3日の埼玉スタジアムで行われます 浦和はこの試合で0-1で負けても優勝します そして8日開幕のクラブW杯に開催国代表として出られます 浦和レッズの初戦の勝ちはV率100%としています

大谷翔平選手がMVP

 NPBアワーズ2016でパ。リーグの最優秀選手に大谷翔平選手(22)が初選出されました 史上初の投手と指名打者でベストナイン同時受賞したのに続き最高の栄誉を獲得しました 大谷翔平選手は来季は取っていないもの全部取りたいとしています そして沢村賞が一番ほしいでしょう その後メジャー移籍のみやげとしたいでしょう 

 セ。リーグのMVPは広島カープの新井貴浩選手(39)が最年長で受賞しています 獲得票はパリーグの大谷翔平選手はダントツの1268です 2位のレアード選手が298票です そしてセリーグの新井貴浩選手は781票で 次点は菊池涼介選手は429票です そして広島カープの選手が4位まで独占でした

池田勇太選手が優勝

 男子ゴルフのカシオワールドオープンゴルフの最終日は 豪雨のため中止となり54ホールに短縮されて 3日目まで13アンダーの池田勇太選手が今季3勝目を拾いました 3000万円に減額されましたが 賞金王はほぼ決まりました そして池田勇太選手のマスターズトーナメントの参戦が決まりです 池田勇太選手は後半戦でいいゴルフを見せていましたので 来季も好調を続けられればいいのですが期待します

松山英樹選手と石川遼選手が残念

 男子ゴルフのISPSハンダW杯の最終日は強い風もなく この日日本チーが4位から何処まで順位を上げるのか注目でしたが 松山英樹選手の爆発が最後まで見られず 順位を上げられませんでした 松山英樹選手が10月ごろから見せたキレキレのパットが最後まで見られず 両選手にとって悔しい思いだけが残った試合でした

 それでもあと3ストロークが足りなかったです 次回も両選手が参戦するでしょうが デンマークの優勝はダークホースが大穴を獲得しています オーストラリアメルボルンはゴルフの盛んなことに見えますが実際は 最終日もあまりギャラリーが多くなくギャラリースタンドもほとんどなく 寂しい試合に思われました 日本なら多くのギャラリーで埋まるのが見えるでしょう 日本開催も今後あるでしょう 期待したいです

 松山英樹選手は12月1日からのタイガーウッズ選手が主催の ヒーローワールドチャレンジに参戦しますが オーストラリアメルボルンでの悪い印象を忘れて優勝チャンスを掴んでほしいです その後は来年の1月2日からのチャンピオンシリーズの参戦です 来年も優勝チャンスをものにしてほしいです

大相撲九州場所が千秋楽

 大相撲九州場所の千秋楽は優勝の決まった鶴竜が日馬富士を寄り切りで破り 14勝1敗でした 準優勝は12勝3敗で稀勢の里が69勝と年間最多勝としました その他上位陣は白鵬以下後半戦で黒星が目立ちました 今場所は尻つぼみの盛り上がりのない優勝争いに終わりました 豪栄道をはじめとして高安の大関挑戦もなくなり来場所は大きな挑戦力士がいない場所になりそうです

 唯一稀勢の里が優勝ができるかどうかぐらいです 年間最多勝で優勝がないのは不思議な今年の展開です その中では玉鷲の10勝 正代の11勝が役力士となるでしょう. 遠藤が勝ち越しと何らかの賞がもらえるチャンスを逃して悔しい思いでしょう 来場所も白鵬が本来の調子が出ないと混戦が続きそうです

松山英樹選手が徐々に上がってきます

 男子ゴルフのISPSハンダW杯の3日目で 松山英樹選手 石川遼選手の日本チームはこの日もあまり好調とは見えませんでしたが 両選手の自力を出して順位を4位までに挙げてきました しかし首位とは7打差もあり優勝の可能性は低いと言わざるを得ませんが 松山英樹選手の大爆発が見られるかもしれません 

 両選手に何か遠慮のようなものが見えますが 最終日は自分のボールを打つだけですから本来の松山英樹選手と石川遼選手のいいところが出れば 最低でも3位に良ければ2位の可能性もあります 両選手が今日は50台のスコアを目標としているようなので心強いです 大いに期待しています

羽生結弦選手が4回転3度成功

 フィギュアスケートのGPシリーズ第6戦NHK杯男子フリーで 羽生結弦選手が今季世界最高の合計301.47点を記録して 圧巻のV2をしました 6期連続のGPファイナル(12月8日開幕フランス)に出場を決めています 史上初のファイナル4連覇が期待できます 羽生結弦選手にとっては2大会連続の金メダルを狙うピヨンチャン五輪は18年の2月です

鶴竜が突然の優勝

 大相撲九州場所の14日目で鶴竜が豪栄道を下手出し投げで破り 大混戦の予想が鶴竜のアッケナイ優勝でけりがつきました 豪栄道が大注目で開幕した九州場所が 本命が次々と消えてアレヨアレヨの鶴竜の優勝を手助けしていました それにしても鶴竜が3度目の優勝とは 白鵬の37回 日馬富士の8回と比べても不思議です

 しかし現役力士では優勝しているのは3横綱以外で 稀勢の里 豪栄道 琴奨菊の大関陣の1回のみです 優勝している力士は全員30台でそろそろ限界が見えているようで 日本人横綱は当分ないように思われます モンゴル力士が多くて面白くないともいわれますが モンゴル力士がいなくなったらもっと面白くないものになるでしょう

池田勇太選手がチャンスです

 男子ゴルフのカシオワールドの2日目で池田勇太選手は パープレイからの発進で9バーディ1ボーギーとして 8アンダーで首位に踊り出ています 池田勇太選手は優勝すると賞金王が見えてきますし 来年のマスターズトーナメントの参戦の可能性があります 池田勇太選手は現在世界ランク44位でマスターズトーナメントは50位で可能性がありますので やる気が出てくるでしょう そして池田勇太選手は今季非常に快調ですから 来年のマスターズトーナメントは松山英樹選手との参戦になりそうです.

松山英樹選手チームが伸ばす

 男子ゴルフのISPSハンダW杯の2日目で 松山英樹選手 石川遼選手のチームはこの日も強い風のなか苦しみながらも順位を上げていました 日本チームは10位からの発進でしたが この日は7バーディノーボギーで8位タイとして 残り2日間でのまくりのチャンスがあります トップは12アンダーとしていますが3日目はフォアサムとなりますので 日本チームが2アンダーぐらいで最終日を迎えるような展開にしたいです

 松山英樹選手の後半の追い上げは 見ものです 松山英樹選手はまだ本調子ではありませんが サンデーバックナインで見せてくれるでしょう 大いに期待しています 世界ランク6位の実力を見せてくれるでしょう 松山英樹選手は期待を裏切ることはほとんどないです

羽生結弦選手が首位発進

 フィギュアスケートGPシリーズ第6戦NHK杯は札幌でショートプログラムで 羽生結弦選手が今季世界最高の103.98で2位以下を大差として 12月8日からのフランスでのファイナルに向けて好発進です 

ベストナインの発表です

 セパ両リーグのベストナインが発表されて大谷翔平選手は投手のベストナイン そしてDHのベストナインの2部門の受賞で投手部門は2年連続 DHでは初受賞です 日本を代表するスーパスターが誕生です 来期後にメジャーリーグの挑戦が見られそうで今からワクワクしながら来期の活躍を見守っていきます

大相撲九州場所の13日目

 稀勢の里は3日連続横綱を破り優勝のチャンスが見えてきました そしてこの日は前頭6枚目の栃の心に下手投げに敗れ3敗となり優勝のチャンスが消えました 豪栄道も日馬富士の上手投げに負けて4敗となり 横綱昇進は白紙となりました 鶴竜と白鵬の横綱対決は鶴竜の寄り切りで鶴竜の優勝のチャンスが 大きく残りました

 遠藤が隠岐の海を上手だし投げで7勝6敗で勝ち越しにあと1勝です 石浦が3敗しました 正代が10勝3敗で役力士の仲間入りです 照ノ富士は8勝しましたが 琴奨励菊は9敗で来場所はカド番です 

男子ゴルフのカシオワールドの初日

 男子ゴルフのカシオワールドオープンは 高知黒潮CCで初日が行われて 賞金王争いの池田勇太選手 谷原秀人選手はともにパープレイの35位で仲良く発進です 試合は来週で終わりますので両者の争いから目が離せません トップには4アンダーで正岡竜二選手が 2位には園田峻輔選手 岩本高志選手 Dオー選手が3アンダーです

久保選手が15才でU19へ

 サッカー日本協会はアルゼンチン遠征に参加するU19を発表して 15才の久保建英選手(東京U18)を初召集しています 同代表は20年の東京五輪の主力となる世代で 来年5月のU20W杯に出場します 久保選手は5日にJ3の長野戦に途中出場して史上最年少の15才5か月デビュウしています 身長167 体重60kです 楽しみな選手に注目です

松山英樹選手と石川遼選手が10位

 ISPSハンダW杯の初日がオーストラリアメルボルンの キングストーンヒースGCで行われました 日本の若手の代表選手はあまりいい出だしではありませんでしたが 松山英樹選手は徐々に調子を上げてくるので1オーバーは 悪くないです この日は強風が吹きまわり全選手が苦しみましたが. 日本チームは4バーディ5ボーギートータル1オーバーでした

 日本チームの組み合わせもいいコンビに見えます 第2日は4ボールで各選手が自分のボールを打ちいいスコアがチームのスコアになります トップとは4打差ですが 日を追うごとに調子を上げてくるでしょう オーストラリアチームも2オーバーで抜け出すチャンスがあるでしょう ガンバレニッポン

九州場所が大混戦

 大相撲九州場所の12日目は稀勢の里が3日連続横綱を破る番狂わせを見せて 優勝争いが大混戦となりました 鶴竜が1敗 日馬富士 稀勢の里 石浦の3力士が2敗 白鵬 豪栄道 正代の3力士が3敗で 7力士に優勝の可能性があります 白鵬が稀勢の里に敗れ大混戦におなっています 新入幕の石浦も2敗を守って優勝の可能性があります

 豪栄道にも優勝のチャンスが出ています 白鵬がらしくない負け方をしています 後半戦の活躍では稀勢の里が一番です しかし日替わりでコロコロ立場がチエンジしてくるもは 見ているのは面白いです 遠藤が6勝6敗は残念です 正代にも優勝のチャンスがあります

石浦が10連勝

 大相撲九州場所の11日目で全勝の横綱鶴竜が 稀勢の里との対戦で小手投げで敗れ稀勢の里は9勝2敗となり 優勝戦線に残りました そしてこの日は新入幕の石浦が妙義竜を寄り倒しで破り 10勝1敗で日馬富士 鶴竜とともに優勝戦線のトップを維持しています 石浦が新入幕で優勝すると102年ぶりの大事件となります

 優勝争いに稀勢の里が名乗りを上げています 2敗の白鵬と稀勢の里が優勝圏内でしょう 優勝は5人で争うことになりそうです カド番大関の照ノ富士も7勝4敗で 遠藤は6勝5敗 正代は8勝3敗 豪栄道は8勝3敗です 白鵬も相撲がバタバタした感じで心配です 残り4日間で優勝争いがどんな展開になるのか 関心があります

松山英樹選手が明日開幕です

 24日開幕のISPSハンダW杯がオーストラリアメルボルンの キングストーンヒースGCで行われます 試合は各国2選手が組んで国対抗戦です 松山英樹選手と石川遼選手とで日本チームは優賞候補の2番手とされています 1番は地元のオーストラリアチームです 日本チームはあまり優賞候補と騒がれたくないです 

 日本チームは初日ニュージーランドチームとの組み合わせです スペインチームも優賞候補でしょう 日本チームは過去に2回優勝しています 初めては昭和32年に中村寅吉さん 小野光一さん 2度めは2002年に丸山茂樹さん井沢利光さんの優勝です 今回3度目の優勝チャンスがあります

白鵬が2敗

  大相撲九州場所の10日目で白鵬が稀勢の里との対戦で 寄り切りでまさかの敗戦でした 鶴竜はこの日も照ノ富士を寄り切りで破り10連勝でトップを維持しています 日馬富士 石浦は勝ち1敗を守っています 石浦は114キロの最軽量力士でどこまで勝ちを伸ばすのでしょうか 

 白鵬が最後まで優賞候補tみていますが 稀勢の里に負けて展開が予想しにくくなっています 遠藤は錦木に勝って6勝です 逸ノ城も6勝しています 豪栄道は琴奨菊に勝って7勝3敗です 残り5日間でどんな展開が見られるのでしょうか

DeNAga

マリー選手が優勝

 ATPファイナルのナルの最終日はランク7位のマリー選手と ランク2位のジョコビッチ選手との争いになりましたが マリー選手が6-3 6-4のストレイトで勝って 2億6300万円を獲得しました マリー選手は錦織圭選手との3時間20分 ラオニッチ選手との3時間38分の試合で勝ちながら 決勝戦で凄いスタミナを見せていました 

 マリー選手はウインブルドン リオ五輪 ツアー最終戦と勝ちきり 英国選手初の世界ランク1位で今季を終わりました 錦織圭選手のスタミナ切れが心配で 来期の大きな課題となるでしょう それでも錦織圭選手は自己最高の58勝でランク5位で今季が終わりました

大相撲九州場所の9日目

 大相撲九州場所の9日目で豪栄道が稀勢の里との 大関対決で豪栄道は3敗となり今場所の横綱昇進が完全に消えました 鶴竜が高安に勝って全勝を守りました 1敗の力士は日馬富士 白鵬 石浦の3人です 石浦(28)は新入幕で初日に負けて以来8連勝です 石浦は幕内最軽量の114キロでどこまで勝ち進むのでしょうか

 カド番大関の照ノ富士は初日2日目を連敗しましたが その後7連勝でカド番脱失が濃厚です 琴奨菊は3勝6敗となり負け越しのピンチです 稀勢の里は2敗を守っています 大関昇進のチャンスがありました高安は5敗で大関は消えました 今場所の優勝は3横綱の争いになるでしょう 白鵬が一番の候補と見ています 今の大関から横綱昇進はないのでしょうか

マリー選手が優勝です

 ATPファイナルの最終日でマリー選手とジョコビッチ選手の優勝争いは マリー選手が勝ってランク1位を確保して年間王者となりました 錦織圭選手のスタミナ切れが激しくジョコビッチ選手との試合は66分の惨敗でした 錦織圭選手が来季までに精神的肉体的に強さをつけるのは容易なことではないように見えます 松山英樹選手と比較してしまいますが松山英樹選手のような素晴らしい 足腰を鍛えないと トップには届かないでしょう 頑張ってほしいです 松山英樹選手と比較していつもみていますが 体型的にはあまり変わりないのですが 見た目はぜんぜん違います

池田勇太選手が頑張ったが

 ダンロップフェニックスの最終日は池田勇太選手の猛追でしたが ケプカ選手が逃げ切り優勝でした 池田勇太選手は最終日に11バーディ1ボーギートータル20アンダーとしましたが ケプカ選手の21アンダーに及びませんでした 賞金王争いは池田勇太選手が500万円差で谷原秀人選手を上回り 残りの2試合で決着ということになります キムキョンテ選手にもまだチャンスがあります

豪栄道が2敗

 大相撲九州場所の中日で豪栄道が隠岐の海に押し出しで敗れて 2敗となり横綱昇進に黄色信号が点灯しました 鶴竜が全勝を一人で守っています 1敗は日馬富士 白鵬 石浦です 最終的には白鵬の3優勝で落ち着くように思えます 残念ながら新横綱の誕生は次回持ち越しになりそうです

日本ハムの優勝パレード

 日本ハムの優勝パレードが札幌大道リで行われ 13.8000人の道産子が歓喜に酔いました 主役はやはり大谷翔平選手が多くの歓声を浴びていました 栗山監督は来季の開幕投手もスタメンも全員白紙としています 大谷翔平選手が東京ドームの天井に届く打球がアメリカのメヂア界にも 届き大谷翔平選手の評価が高まっているようです 
 
 大谷翔平選手は来季後には米に移籍の争奪戦が見られることになるでしょう 打者としてほしいとのチームもあるようです
 
プロフィール

奈瀬里 柴二

Author:奈瀬里 柴二

アクセス数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。