スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織圭選手が4回戦へ

 全仏オープンで3回戦を不戦勝で進んだ錦織圭選手は 4回戦はランク74位のガバシビリ選手との対戦が行われます 格下に負けるとは思いませんが 勝てばベスト8になり今度は相手がランク上位の選手との対戦になります ジョコビッチ選手がコッキナキス選手との対戦で貫禄の勝利でした そしてランク3位のマリー選手(英国)は若手の有望株のキリオス選手(オーストラリア)との対戦で手こずりましたが勝ち進んでいます コッキナキス選手もキリオス選手もオーストラリアの20才そこそこの選手でとくにコッキナキス選手は 背も高くエラーも多いですが素晴らしいボールもあります 錦織圭選手がどこまで勝ち進むことができるでしょうか 
スポンサーサイト

メジャーリーグの話題

 ヤンキースのマー君が4日(日本時間)にマリナーズ戦で先発が決まりました 41ぶりの登板でどのようなピッチャングが見られるのでしょうか ジラルデー監督は80球をめどに先発するとしています ヤンキースにとっても大きな関心をもって見るでしょう 左足を大きく上げて投げるライアン投手のまねをしているようです 

 ジャイアンツがブレイブス戦で5連取でドジャースを抜いて首位に立ちました 青木宣親選手はマルチ安打が途切れましたが打率321をキープしています 

 イチロー選手が久々に出番がありませんでした 

 レンジャーズがレッドソックスに勝って勝率5割にあと1勝としています 5月は良かったです 今後も5割は確保してほしいです 

大谷翔平投手が7連勝

 日ハムの大谷翔平投手(20)が交流戦の中日ドラゴンズとの対戦で 日ハム初の開幕から無傷の7連勝です 115球 3安打 3四球 13三振 2失点で 4回から8回まではパーフェクトな内容で勝ちました 最速159キロで中日ドラゴンズはキリキリ舞いでした 今後どこまで記録を.残すのか高い関心があります 4回以降はほとんど打たれる気がしませんでした 両刀遣いとは言えやはりピッチャングが本命です 腕を思い切って投げるのを見ると怪我が大丈夫なのかと心配してしまいます ダルビッシュ投手の上をいくのではないかと思ってしまいます 早くメジャーへ挑戦してほしいです できればレンジャーズでダルビッシュ投手と勝ちまくってほしいです 二人で40勝できるでしょう

錦織圭選手が4回戦へ

 全仏オープンのベスト8を狙って錦織圭選手は 不戦勝で3日間の充電をしていますが 4回戦の相手はランク74位のガバシビリ選手に決まりました その他の試合はマリー選手が3-1で勝っています そしてジョコビッチ選手はミューラー選手にストレイト勝ちしています 錦織圭選手も格下の選手相手で楽勝と見ています ベスト8が見えてきました

メジャーリーグの話題

 ジャイアンツの青木宣親選手が5戦連続マルチ安打を打っています この日のブレイブス戦は4打数2安打で打率326として順位を6位につけています ジャイアンツのチームも4連勝でトップのドジャースとは0.5ゲームに迫ってきました 連続マルチ安打は日本人選手ではイチロー選手が7試合連続マルチ安打を5度記録しています ジャイアンツは5月に入って20勝7敗です 

 故障者リスト入りしているヤンキースのマー君が 6月2日または3日にマリナーズ戦で先発の予定としています 4月末にDL入りしていましたが いよいよ先発登板が決まりました ヤンキースは地区首位にいますが貯金が2個でレッドに追れています マー君の勝ち星がどうしても必要です

  

メジャーリーグの話題

 今年のオールスター戦のファン投票の第回の中間発表が行われ ジャイアンツの青木宣親選手が外野手部門の4位に選ばれています 上位の3人が選ばれますが青木宣親選手が選ばれる可能性が出てきました イチロー選手が常連でしたが今年は可能性があるのは青木宣親選手だけです 去年はダルビッシュ投手が好投したのが思い出されます マー君も今年は残念ながら出番がないです イチロー選手がオールスター戦でランニング本塁打を打ったことを思い出しています

錦織圭選手の不戦勝

 全仏オープンの3回戦でベッカー選手(ドイツ)が負傷棄権で不戦勝でベスト16に進みました 4回戦では格下の選手との組み合わせが組まれて ベスト8の可能性が大きいです 不戦勝は疲労の回復など今後の試合に優位な展開が予想されます 勝ち進むとフェデラー選手との準決勝戦 そして決勝戦はジョコビッチ選手が予想されていかに優勝が難しいかわかります それでも錦織圭選手がどこまで勝ち進むか 高い関心があります

なでしこジャパンの勝利

 なでしこジャパン(FIFAランク4位)が連覇を狙う女子W杯カナダ大会の前哨戦は イタリアとの親善試合は長野で行われなでしこジャパンが1-0で勝利しています しかしイタリアも強くいい練習になったでしょう 満員のスタンドはなでしこジャパンの応援で大いに盛り上がりました なでしこジャパンのスピードとパスは見事でチャンスがありましたが 決定打が少なく最小点での勝利でした 

 W杯は6月8日のスイス戦で始まります 1か月の長丁場で優勝が争われます 勝てるチャンスはあるでしょうが よほど恵めれなければチャンスはないでしょう 女子もレベルが上がっているようです ジャパンも若い宮間キャプテンの素晴らしいキックを生かすことができれば 順位がどんどん上がるでしょう 楽しみです

プロ野球の交流戦

 ベイスターズが三浦大輔投手の今季3勝目で 両リーグ初の30勝一番乗りはメジャーリーグのアストロズと同じような 異変が起きています スポーツ紙の1面にベイスターズが載るようなことは見たことがないです キヨシ監督と三浦番長が目立つようでは ジャイアンツファンは鼻で笑っているでしょう ベイスターズの首位なんて座り心地がいいはずがないです そしてベイスターズは30勝のうち16勝が逆転勝ちをしておりますが 勝負強さといえるかどうかわかりません

 日ハムは西武ライオンズとの試合で12回5-5の引き分けです 

 阪神タイガースが藤川球児投手と接触しているようです たぶん決まるでしょう

メジャーリーグの話題

 ジャイアンツの青木宣親選手が前日の4安打に続いてブルワーズ戦で3安打で 打率を320のベストテンにまで上がってきました 一時先発を外されることもありましたが また打ちだしました そしてチームもますます首位のドジャースに迫っています ボウチー監督も 「やっぱり起爆剤となりうる選手」 としています 今後が楽しみです

 ヤンキースは東地区のトップですが貯金が2個しかなく 安泰ではないでしょう レッドソックスが最下位に沈んでいます 西地区のトップはアストロズが走っています 勝率も638と去年までのアストロズとは思えないようなチームになっています 西地区のレンジャーズもこのところ勝ちが多く 勝率5割になってきました アスレチックがダントツの最下位は信じられません 

 ナリーグの中地区はカージナルスが勝率652で走っています 西地区は貯金7個でジャイアンツが追い上げていますがドジャースが勝率622で落ちてきません 

錦織圭選手が勝った

 男子テニスの全仏オープンの4日目で 錦織圭選手は先週ジュネーブオープンに優勝した世界ランク40位のベルッシ選手(ブラジル)に7-5 6-4 6-4のストレイトで勝っています しかし内容は決して楽なものでなく とくに第一セットはベルッシ選手の粘りに大いに悩まされていました 錦織圭選手の強さが随所に見られて2セット以降は 時折見事なショットを決めて世界ランク5位の実力は健在でした 
 
 今後の優勝までにはかずかずの越えなければならない 大きな壁がありますので楽に勝てる相手はいないでしょう 次戦は同48位のベッカー選手(ドイツ)との3回戦です 全仏オープンはパリのローランギャロスで行われていますので 審判のコールもフランス語だけで 「トロアゼロ」 など聞いたことのないものです フランス語は分かりませんが響きのいい発音はとてもいいです 全仏オープンのセンタコートで勝ったのは日本男子41年ぶりのようです

日本のプロ野球の交流戦

 日本のプロ野球交流戦が始まりました 日ハムが中田翔選手の17号ホーマーと5打点でヤクルト戦に12-5で勝っています 中田翔選手は打率は251ですが17ホーマーと45打点で現在2冠王です

 ベイスターズはパリーグ最下位のオリックス戦で3-10で大敗しています しかしベイスターズは打線が好調でチーム打率261 36ホーマーはトップです そして筒香嘉智選手(23)が現在3冠王でサムライジャパンの4番バッターとなるでしょう ジャイアンツが勝ったことで1ゲーム差になっています しかし筒香嘉智選手が怪我で先発できません

 ジャイアンツの原辰徳監督が西武ライオンズとの試合に勝って 900勝を挙げています ジャイアンツの監督の900勝は川上監督 長嶋茂雄監督に次いで3人目です 日本一は鶴岡一人さんの1773勝です そして鶴岡さんは勝率も6割超えでトップです

メジャーリーグの話題

 ジャイアンツの青木宣親選手が古巣のブリューワーズ戦で ホームランを含む4安打を打ち逆転勝ちに貢献しています 青木宣親選手がまた調子を上げてきました 打率も大きく上げてきて53安打で312として打率の12位です ジャイアンツのチームも本来の調子が出てきています 首位のドジャースに2ゲームに迫ってきました 貯金も6個です

 カブスの和田毅投手が今季2先発目で 6回途中まで83球 4安打 6三振 1失点で降板して勝ち負けはありませんでした 前回もいい投球をしており今後が楽しみです 三振が取れています 

 レンジャーズがインデアンズ戦で勝って借金が1個になってきました フィルダー選手が9本目のホームランを打っています そして4月にエンゼルスから移籍してきたハミルトン選手が5番レフトで先発しています

全米オープンの予選会

 男子ゴルフの全米オープンの予選会が日本で行われて 川村昌弘選手が12アンダーで予選を通過しました そのほか11アンダーの5人のプレイオフの末藤田寛之選手が通過しています 次は28日からのミズノオープンで全英オープンの切符を狙っています 

 男子ゴルフの世界ランクが発表されて 松山英樹選手は14位に 石川遼選手は143位に 小田孔明選手は92位に 岩田寛選手は93位になっています 1位はロリーマキュロイ選手(英国) 2位にはジョーダンスピース選手が付けています 松山英樹選手が今季中に優勝してベストテンに上がることを願っています 松山英樹選手は各種の順位でベストテンに近づいています 今後がますます楽しみです とりあえず来週のメモリアルトーナメントの2連覇が目標です 松山英樹選手にとって初めてのディフェンデングチャンピオンを経験することになります 

 全米シニアオープンで初日トップだった倉本昌弘選手が 最終日に大きく崩れて34位になっています 室田淳選手が22位になっています モンゴメリー選手が8アンダーで2連覇しています 

 石川遼選手は専属キャディーをオーストラリア人のクラークさんから 佐藤賢和さんに変わるようです 石川遼選手は去年のセガサミー杯で佐藤さんで優勝しています 石川遼選手は心機一転巻き返しを狙っているようです

メジャーリーグの話題

 レンジャーズがヤンキースに勝って地区3位に上がってきました 地区トップはアストロズで最下位がアスレチックという順位は反対に見えますが 今季に西地区はどうかしています ダルビッシュ投手のいないレンジャーズが頑張っています 勝率5割を目指してほしいです 借金2となりました

 ヤンキースはレンジャーズに負けて勝率5割に落ちてきました そしてマー君の先発復帰を待望しています NY地元紙はマー君の6月2日のマリナーズ戦が予想されているようです 元ヤンキースのペピット投手がマー君のスライダーが凄いとしています ヤンキースを引退して永久欠番式のバーニーウイリアムズ選手(46)が感激しています 背番号は51です

 レッドソックスがエンゼルス戦で勝って借金2として徐々に調子を上げてきました その試合で上原浩治投手が9回に登場して2三振など完璧の投球でした 防御率は1.80です

 イチロー選手はオリオールズ戦で代打で出場してヒットを打って 2876本として歴代41位になっています 出番が増えればもっと打てるのに残念です 32安打で打率296です

メジャーリーグの話題

 ヤンキースがレンジャーズに負けるなど首位から落ちています この日もサバシア投手もレンジャーズに負けてヤンキースの先発陣の崩壊が叫ばれてマー君の待望論が盛んです 27日にリハビリ登板が予定されていますが マー君の一日でも早い先発を待っているようです レンジャーズは借金3です

 レッドソックスの上原浩治投手がエンゼルス戦で田澤純一投手とのリレイで エンゼルスの強力打線を抑えています レッドソックスも借金3で地区4位でなかなか上に上がってきません 

錦織圭選手の全仏オープンの初戦

 待ちに待った全仏オープンが始まりました 錦織圭選手は全仏オープンのクレイコートになれるため クレイコートの試合を重ねてきました シード選手は3回戦ぐらいまでは格下の選手との対戦ですが 1回戦でフランスのOPマチュウ選手との対戦は地元選手ということで完全アウェイの試合でしたが ストレイトで危なげなく勝ち進んでいます 5セットマッチで時間がかかりますが錦織圭選手が徐々に調子を上げてくるようだといいです 優勝するためには7回勝ち続けることが必要です 錦織圭選手は順調にいけば準決勝でフェデラー選手と そして決勝戦はジョコビッチ選手との対戦になるようです 錦織圭選手がどこまで勝つのか見守っていきます

石川遼選手の最終日

 男子ゴルフのクラウンプラザ招待はテキサス州のコロニアルCCで最終日が行われています 初日トップでスタートした石川遼選手は順位を落としていましたが 最終日も1ストローク落としてトータル2アンダーの44位タイで終わりました 3日間トップを走っていたケビンナ選手も最終日は スコアを落としています 最終日にスコアを落としているようでは優勝はできないでしょう 

 とくにケビンナ選手は3日間60台を維持していましたが 最終日にスコアを落としていますがワイヤーツーワイヤーと呼ばれる完全優勝は 超一流選手でも困難なことのようです 石川遼選手も初日トップでもどこまでそれを維持できるかが 大きな問題です 石川遼選手が25位も維持できなかったのは残念でしょう シーズン終了後125位におわることが最低の条件ですから その為には25位には残ってほしかったです

筒香嘉智選手が現在3冠王

 DeNAの筒香嘉智選手が阪神タイガースとの試合で3安打を記録して 打率333 ホームラン11本 打点40で3冠王になっています 日本の歴代3冠王は王選手をはじめ そうそうたる選手が記録していますが 延べ11人で20代で記録した選手は2人で23才の筒香嘉智選手は 特別若い3冠王の可能性があります とくに打率は一番難しいように思います DeNAのチームとしても調子がよければいいように思われます

錦織圭選手が全仏オープンに

 男子テニスの4大大会の今季第2戦の全仏オープンが始まります 世界5位の錦織圭選手(25)は13年にベスト16を記録していますが 今年はどのようなパフォーマンスを見せてくれるでしょうか 1回戦は123位のマチュウ選手(フランス)との試合です 今季はベスト4を目指しているようで とくに今季クレイコートで10勝2敗で負けたのはジョコビッチ選手とマリー選手だけで 準々決勝までは無難に行くように思われます 今夜が初戦です

石川遼選手の3日目

 男子ゴルフのクラウンプラザ招待は3日目を迎えています 初日トップに立った石川遼選手は2日目に大きくスコアを落として通算2アンダー.の25位に後退しました そして3日目も1アンダーで通算3アンダーで30位タイでで終わりました トップは10アンダーですが25位以内になるのが最低の目標です 石川遼選手は今季245位以内が2試合ですそしてポイントも100位に近づいてきましたので 頑張ってほしいです 初日トップのケビンナ選手がトップにいます

メジャーリーグの話題

 マーリンズのイチロー選手がオリオールズ戦で2安打を打って 2874安打としてベープルース選手の記録を抜きました メジャーで通算42位でした 3000本安打まで126安打ですがそれを記録すれば日米通算4000本安打を越えますが ベープルース選手の記録を越えたことで米メディアも関心をもって伝えています 日米通算記録を出した時はどのような記事が出るでしょう イチロー選手にとってはそれまではやめられないでしょう 2年はかかると思われます 今年は31安打で打率も292を打っていますので調子はいいようです しかしチームは8連敗中です

 ヤンキースのマー君が次戦は3Aで27日にリハビリ登板するようです それの結果次第で6月1日からのマリナーズ戦に先発を予定しているようです 

 レンジャーズの藤川球児投手が解雇されるようです 今季はダルビッシュ投手と一緒になる予定でしたが 復帰後2試合目で結果を出せずにダメでした 藤川球児投手はたぶん阪神タイガースに戻るように思います 本人にとって消化不良を感じているでしょう

メジャーリーグの話題

 ヤンキースのマー君が故障者リスト入りしてから初めての 実戦を3Aで投げて3回0封の抑えて 最速148キロが出たようです 28日振りの実戦でも良かったようです 自信の41球だったようです メジャー復帰は6月9日のロイアルズ戦が予想されています 

 ジャイアンツの青木宣親選手が2試合ぶりに先発して 2安打を打っています 打率も300に近づいてきました ジャイアンツが首位のドジャースに1.5ゲームに迫ってきました 

 今季のア.リーグ西地区はアストロズがトップでアスレチックが 最下位という例年とは大きく違った順位になっています レンジャーズは4位に定着しています 今季のレンジャーズは来季まで残念ながらダメでしょう

日本のプロ野球の話題

 6連勝で迎えた大谷翔平投手がソフトバンク戦で先発して 勝ち投手の権利がありながら7回に5本のヒットと2四球などで一気に5点を取られて逆転されましたが 8回の中田翔選手の15号ホーマーで追いつき 9回にサヨナラで勝って負け投手にならずに チームはソフトバンクを抜いて首位になっています 大谷翔平投手は今季7試合でチームは7連勝です 次戦で7勝目を狙うでしょう 防御率は1.66です

 DeNAが阪神タイガース戦で5点のリードをされながら 5回に筒香嘉智選手の11号ホーマー そして9回にサヨナラ勝利を決めています そしてDeNAは横浜スタジアムで11連勝です そのうち8試合で逆転勝ちをしています 何かにつかれているように見えます どこまで続くか保証はありません 

 

 

石川遼選手の2日目

 米男子ゴルフのクラウンプラザ招待はテキサス州のコロニアルCCで 2日目が行われています 初日6アンダーでトップタイで迎えた2日目は石川遼選手は早いスタートでしたが 雨が降るコンデションに悩まされて いい流れができず最終ホールを昨日はバーディでしたがこの日はトリプルボギーで終わり トータル2アンダーの23位ぐらいに後退しました 石川遼選手は初日が終わったコメントで最高のスコアで終わったようなことを話していましたが 2日目は思うようなスコアは出ませんでした

 初日トップタイのケビンナ選手がこの日もスコアを伸ばして11アンダー 同じトップタイのジョーダンスピース選手は3アンダーで終わっています 予選通過は1オーバーぐらいのようです 石川遼選手も残り36ホールをどのくらいのアンダーでまわるのか 楽しみです 石川遼選手はズルズルとスコアを落とすようなことはないと思われます 2日目の2バーディは気になります 天候がよくない予報がありますから 心配な面があります

 

石川遼選手が初日トップ

 男子ゴルフのクラウンプラザ招待がテキサス州フートワースの コロニアルCCで初日が行われて石川遼選手が6アンダーでトップタイになりました 石川遼選手は天候が悪く4時間ほど遅れてスタートしましたが その後は天候もよく風も弱くいいスコアが出ています 石川遼選手6バーディ0ボーギーでそのほかジョーダンスピース選手 ケビンナ選手 ブーウイークリー選手がトップです 石川遼選手はザプレイヤーズ選手権で8位に入る成績で 今季は予選落ちが多かったのですが 今週はどのようなスコアで終わるか楽しみです 

 この試合は難しいコースでもありますので去年の優勝スコアはアダムスコット選手が9アンダーでした 今週は天候がよく無い予報でグリーンスが軟らかく バーディラッシュになるかもしれません 石川遼選手が4日間好調を維持することができるかどうかわかりませんが チャンスが来てるのかもしれません 松山英樹選手に大きく離されていますが縮めることができるでしょうか 松山英樹選手に並ぶような成績ができれば お互いに刺激しあっていい方向になってほしいです 石川遼選手は2日目は早いスタートなのでチャンスがあるかもしれません

日本のプロ野球の話題

 大谷翔平投手が二刀流がアメリカでも注目されていますが ESPN電子版が大谷翔平投手の特集記事3を掲載しています 「大谷翔平は二刀流のメジャリーガーになれるか」 をテーマにメジャーでは二刀流は許可しないといわれているようです 100マイルを投げる大谷はメジャーではピッチャーに専念するだろう としています メジャーに行くことを前提にしているようで楽しみです なるべく早くメジャーに行ってほしいです ダルビッシュ投手を上回るようなピッチャングが見られるかもしれません 心配は怪我でこれだけは気をつけてほしいです

 DeNAがヤクルト戦で延長11回にサヨナラ負けで 8カード連続勝ち越しに失敗しています それでも筒香選手が10号ホーマーでセリーグ一番乗りをしています そしてDeNAは交流戦前の首位が確定しています DeNAは交流戦は弱いですが今季はどのような試合を見せてくれるか関心があります

メジャーリーグの話題

 シカゴカブスの和田毅投手が初登板のパドレス戦で好投しました 和田毅投手は先発して4回まで9三振をして5回あと1死で降板して白星を消えましたが 故障が繰り返さなければ今後が楽しみです この日は69球 4安打 2失点でした

 レッドソックスの田澤純一投手がレンジャーズ戦で8回1死1.2塁のピンチに連続三振に抑えています 試合はレンジャーズが2-1で勝っています レンジャーズのダルビッシュ投手が今季の出番がないのがほんとに寂しいです 来季の爆発を期待しています 

 マー君の3Aでのリハビリ登板が球団専属テレビに中継するようです マイナーでのリハビリ登板の中継は異例のようです それだけ大きな期待と注目がされているのでしょう どちらにしても手術が必要といわれていますが 今季にどのような勝利を上げることができるでしょうか

DeNEの怪進撃

 DeNAの怪進撃が続いています この日はヤクルト戦で三浦大輔投手が8回まで4安打の0封で勝ち投手になり 23年連続勝利の上乗せをしています そのうえ三浦大輔投手は23年連続安打を打って張本勲さん 衣笠祥雄さんなどの日本を代表する選手に肩を並べました しかもピッチャーでの記録は今後も出てこないでしょう しかし23年連続で一番多かった年も10ヒットです 

 そのDeNAは現在ジャイアンツに3ゲームを離して首位にいます そして現在7カード連続勝ち越していますが今日勝てば8カード連続のチーム新記録をすることになります そしてチーム勝利の原動力になっているのがこの日に2本のホームランを打って ホームラン王を維持している筒香嘉智選手が 打率も324で怪進撃の一番の功労者でしょう しかしDeNAの慣れない首位は居心地がいいとは言えないでしょう それでも今後が楽しみです

大谷翔平選手と中田翔平選手

 日ハムの大谷翔平選手が楽天との試合で3番DHで3回にホームランを打ちました そして8回には中田翔平選手が8回にホームランを打ちました 今季2度目通算4度目のアベックホーマーも逆転負けを喫しています 中田翔平選手は14号ホーマーでリーグトップですが 大谷翔平選手は今季3号で去年は10号で10勝10号としてベープルース選手の記録と並びましたが 今季も10勝10ホーマーは抜くとみられます 大谷翔平投手22日のソフトバンク戦で先発の予定です
プロフィール

奈瀬里 柴二

Author:奈瀬里 柴二

アクセス数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。