スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織圭選手のパリ大会

 世界ランク7位の錦織圭選手はパリマスターズの試合で 3週間ぶりに復帰戦でロブレド選手(スペイン)に6-7 6-2 6-3で勝っています 11月9日からのツアー最終戦ATツアーファイナル出場に一歩前進しています この勝利で今季の50勝目を挙げています 去年までは37勝でしたが今季7人目の快挙です あと2勝でファイナルの出場が決まりますが たぶんやってくれるものと思います 錦織圭選手は股関節の痛みなどの故障を抱えていましたが これも克服できそうです
スポンサーサイト

石川遼選手と松山英樹選手のマレイシアオープン

 米男子ゴルフツアーはマレイシアオープンが行われました 結果は石川遼選手が3アンダーで13位タイ 松山英樹選手は2アンダーで23位タイということになっています 石川遼選手がこのところ好調をキープしていますが 松山英樹選手の上に行きことは無理と感じます しかしたまには石川遼選手に松山英樹選手にうえの位置にいてほしいです 日本のメディアも石川遼選手の記事を多く書きますが 最終的には松山英樹選手が差をつけるはずです 

 この試合で1ストロークの差がつきましたが 最終18番で石川遼選手は奇跡的なバーデーを取りましたが 松山英樹選手はボーギーで2アンダーになってしまいました 去年の優勝スコアは14アンダーですでこれに近いスコアが予想されますから 3アンダー平均で廻れば上位につけることができるでしょう 松山英樹選手.にはベストテンを確保してほしいです バーミューダグラスのグリーンの癖を早くのみこむことが必要です

 松山英樹選手は去年とは違い 故障がないことは練習も十分にできますので心配は少ないでしょう それでなくても松山英樹選手は練習の虫のように練習好きのようなので 鬼に金棒といえるでしょう 石川遼選手もマスターズトーナメントに出られるようになればいいと思いますが 50位以内を確保するのは大変ではあります 小田孔明選手も50位をねらっているようですが 賞金王になればいかれるでしょう

ワールドシリーズの優勝はジャイアンツ

 ワールドシリーズの最終戦は地元のロイアルズは優勝を逃しています この試合もバムガーナー投手に完璧に抑えられています バムガーナー投手は第5戦にも117球を投げて勝利投手になっておりますが 中2日の昨日も5回から登板して5回を2安打 4三振 0四球という投球で防御率は0.43という素晴らしいで文句なしにMVPを獲得しています

 このシリーズは接戦よりも一方的な試合が多くこの試合も ロイアルズにとっては悔いの残る試合というよりは 完敗という試合でした このシリーズはバムガーナー投手が大きくロイアルズに立ちはだかり 手も足も出ない状態で一人のピッチャーにやられたシリーズでした バムバーガー投手は三振の山を築くような抑えきるピッチャーというよりは なんとなく打たせれてしまうピッチャーのようです シーズン中にバムバーガー投手を見る機会がありませんでしたが 味方にとっては非常に頼りになるピッチャーといえるようです

 青木宣親選手は地元で相手チームの胴上げを見せられる展開になりましたが 世界一の大きなチャンスを掴みきれませんでした 8回目の世界一となったジャイアンツは5年間で3回制覇という常勝軍団には ロイアルズは指をくわえて見ている状態です あと一歩がもものすごく遠いものを感じたでしょう 

メジャーリーグの結果と話題.

 ワールドシリーズが第7戦に持ち込まれたのは 過去36回で本拠地での優勝は50%だそうです ロイアルズはDHの復活で先発から外れていた青木宣親選手も 自信を取り戻したようです 7戦に先発するガスリー投手も気合が入るでしょう

 レッドソックスは上原浩治投手との契約延長を望んでいるようですが 上原浩治投手〈39)はFAとなるので契約延長の交渉をしているようです レ軍以外にもヤンキース ドジャース タイガース ジャイアンツなどが獲得に興味をしめしているようです 1年解約が予想されます 10億円以上が予想されているようです

 イチロー選手(41)の移籍が濃厚のようです イチロー選手がメジャー3000本安打まであと153本ですが ニューヨークに残る確率は低いとされています 出場機会の多い球団を選び新天地で3000本安打に挑戦したいと思います 是非納得できるっチームへ行ってほしいです 楽しみな話題です 

 

ワールドシリーズが3勝3敗に

 ワールドシリーズの第6戦はジャイアンツが王手をかけていましたが ロイアルズが10-0で圧勝して3勝3敗となり 優勝は最終戦に持ちこまれました この試合ジャイアンツの先発ピービ投手の大乱調で 2回持たずに6安打 5失点でKOされています 2番ライトで4試合ぶりに先発した青木宣親選手は ワールドシリーズ10打席目で初安打 初打点として相手投手をKOのお膳立てしました 2回に7得点して試合を決めるような展開を見せました 

 しかもロイアルズはこの試合でベンチュラ投手ほか2人の投手でシャットアウトして 満員のロイアルズファンは溜飲を下げていたでしょう そしてワールドシリーズの優勝は最終の第7戦.に持ち込むことになりました 第7ゲームはどのような展開でロイアルズが優勝するのか見てみたいです ワールドシリーズの実績ではジャイアンツが上ですが地元の有利さや 前日の試合で15安打 10得点はチームの自信が出てきたように見えます ロイアルズが29年ぶりの世界一が見られるでしょうか

マレイシアオープンの松山英樹選手と石川遼選手

 10月30日(木)から始まるマレイシアオープンは クアラルンプールCCで行われますが 組み合わせが発表されています この試合はPGAツアーとの共催ということで 今後も毎年開かれるので東洋の選手も参加に意欲を持っているはずです マレイシアと日本は1時間の時差がありますが 熱帯地方独特の蒸し暑い気候の中で行われますので地元の選手も 有利ともいえるでしょう 

 スタート時間は石川遼選手はトップスタートで7.45分に ポールケーシー選手 リカルドカールバーグ選手とのスタートです 松山英樹選手はアウトの9.05分にジェイソンダフナー選手 アニーバンラヒリ選手との組み合わせです そのほかライアンムーア選手 サバティーニ選手 セルシオガルシア選手 パトリックリード選手 リーウエストウッド選手などが出ており熱戦が期待できるでしょう 松山英樹選手 石川遼選手ともにベストテンに入れるようなスコアを期待したいです

ワールドシリーズの第6戦

 ワールドシリーズの第6戦はジャイアンツが3勝して王手をかけて ロイアルズの地元スタジアムで行います ロイアルズにとってはまさに崖っぷちの試合になります ロイアルズは地元で2連勝して世界一の勲章を29年ぶりに輝くことです バムバーガー投手が出てこないので十分に可能性があります 地元の応援にも力が入るでしょうからロイアルズのチームも得意の接戦に持ち込んで 勝つことができるでしょう

 ロイアルズのヨースト監督は日本時間29日の試合には 青木宣親選手を先発として起用するとしています 同監督はレギュラーシーズンの通常のメンバーに戻すようです ジャイアンツは10年が4勝1敗 12年が4勝0敗でワールドシリーズを制しています ロイアルズの先発はベンチュラ投手は気合十分のようで自信をもって投げると淡々と話しています 一方のジャイアンツの先発のピービ投手は優勝のかかった試合の登板.は特別として第2戦の敗戦投手の反省をしているようです いい試合展開を期待します

松山英樹選手がマレイシアオープンへ

 松山英樹選手がマレイシアのクアラルンプールで CIBMクラッシックに参加します この試合はアジアンツアーですが米ツアーと同じような関係にあります 去年はミケルソン選手など多くの主力選手が参加しています 去年の優勝はライアンムーア選手がゲーリーウッドランド選手との プレイオフで勝っています 優勝賞金も1.3億円ほどでポイントも500ポイントを得られます 

 クアラルンプールに次週が 上海の余山国際というゴルフ場での試合になります 2試合とも予選落ちのない試合でクアラルンプールは76人限定です 去年の松山英樹選手は4アンダーの25位タイでした 去年の松山英樹選手は手首などに故障が多くなやんでいましたが 今年はそうした心配もなく今季も3位タイ 10位タイと安定したゴルフをしているように見えます 

 この試合の優勝者に米ツアーの2年間のシード権が得られるようになっていますので 日本の藤田寛之選手などの気合が入っているでしょう しかし日本の選手はバーミューダグラスなど慣れないコンデションもありますので 苦戦をすると思います

錦織圭選手がパリへ

 世界ランク7位の錦織圭選手は11月9日開幕の 男子テニスの最終戦の出場を目指してパリマスターズに挑んでいます ツアー最終戦は8人だけの参加で 錦織圭選手は現在6位ですがパリ大会のできしだいで参加がきまります 錦織圭選手は先週の試合を休んでこの試合の臨んでいます この試合で4位以内に入れば無条件で最終戦の出場が決まりますが 最悪初戦敗退では落選もあります ツアー最終戦はロンドンで行われますが 8人だけが出られますが賞金総額は7億近く 優勝は2億円ぐらいです

金子千尋投手がメジャーか

 オリックスの金子千尋投手(30才)が来季メジャーへ移籍の可能性があります 金子千尋投手はワールドシリーズの第3戦を観戦しており刺激を受けております 現段階でメジャー移籍に必要なポスティングの可能性も否定していません 11月12日からの日米野球のメンバーにもなっております 金子千尋投手は今季16勝5敗 防御率1.98という好成績でう売り込みには最高の条件のように見えます レッドソックスが興味を持っているようですが レッドソックスは昨季世界1から今季は地区最下位となっており 先発投手を放出しており代わりに投手を探している筈です 契約金は年10億円ほどのようです

ワールドシリーズの5戦目

 ワールドシリーズの第5戦目はサンフランシスコジャイアンツの地元 AT&Tパークで満員の中で行われ ジャイアンツがエースピッチャーのバムガーナー投手の完封ショウで ジャイアンツが王手をかけています この試合でバムバーガー投手は117球 4安打 無四球 8三振 3塁を踏ませない投球でした ワールドシリーズでの完封は03年のベケット投手以来で素晴らしい投球.でした

 地元の観衆から{VIP VIP}のコールが聞こえていました バムバーガー投手は今ポストシーズンで 先発した6試合ですべてで7回以上で47イニングを投げています バムバーガー投手は25才と若く3回のワールドチャンピオンになって ワールドシリーズで通算31回投げて自責点は1 防御率は0.29ととんでもない記録を持っています 

 ロイアルズは完敗していますが 地元に戻って2連勝すればいいわけで可能性があります とくにバムバーガー投手は投げることができませんから 本来のロイアルズのペースに持ち込めばいいのです ロイアルズは大負けはしますが 接戦をものにする勝負強さがありますので ピッチャーの頑張りと打線の爆発を期待しています

東京6大学野球の珍事

 東京6大学野球の東大がこの日は法政大学に負けて リーグ通算86連敗しました 34期連続の最下位を記録しています キャプテンの有井佑人選手は4年間で 1引き分けで一度も勝てませんでした もちろん東大は昔から弱かったですが ときどは勝っています しかし78年以降勝っていません 戦後はプロ野球よりも6大学野球は人気がありましたが 神宮球場が満員で応援が見事で テレビのない時代はラジオを聞いていたものです そのころはプロ野球は後楽園球場ががらがらの中で試合がありました スタルヒン投手 大下選手 川上選手などが見られました 私は6大学は明治大学を応援していましたのでよく見に行きました 満員の各大学の応援歌を懐かしく思い出します

ブリッジストーンオープンの最終日

 ブリッジストーンオープンの最終日は千葉袖ヶ浦CC(7119パー71)で行われました 2日目にトップに立った小田孔明選手がこの日は藤田寛之選手の鋭い追い上げにたじたじでしたが 逃げ込みに成功して今季2勝目を挙げて賞金王を逆転して600万円ほどリードしました 賞金王にはまだまだ大きなチャンスがあるようですが賞金王とマスターズトーナメントへの切符を誰が取るのでしょうか

 この日は藤田寛之選手が7アンダーでしたが 小田孔明選手も最終18番でバーデーを決めて勝っています 先週の日本オープンから続けて日本人の優勝が続きましたが 日本人選手の若手の活躍が見たいです 片山晋呉選手は岩田寛選手ともに11アンダー 初日トップの矢野東選手は9アンダー 先週日本オープンに優勝した池田勇太選手は前日のブービーからビリに終わっています どこか体調不良なのかわかりませんが どうなっているのでしょう

ワールドシリーズが2勝2敗に

 ワールドシリーズはサンフランシスコジャイアンツの本拠地 AT&パークスタジアムでロイアルズが2勝1敗のリードで行われました ロイアルズが勝てば王手をかける状態でしたが ジャイアンツの打線が16安打と爆発して11-4でシリーズをタイに持ち込みました 2-2のタイで今日の試合に臨むことになりましたが 第5戦の勝ち負けが大きく影響するでしょう 偶数戦が勝敗に勝つことがワールドシリーズの行方を左右するでしょう 

 ロイアルズは負けの試合はハッキリとした負けですが 接戦に持ち込めば勝負強さを発揮しますので5戦がどんな展開の試合になるのか関心が強いです 心配はムードメーカーの青木宣親選手の調子が出でこないことで この日も代打での登場で併殺打でチャンスを潰す結果になっています ワールドシリーズに入ってから4試合でノーヒットとなっていて悩んでいるようです ポストシーズン初めの頃の調子が見られません 

錦織圭選手がパリへ

 27日に開幕する男子テニスのマスターズパリ大会の組み合わせが 発表されています シングルスで第6シードの錦織圭選手は2回戦からの登場でトミーロブレド選手(スペイン)とバセクポシュピシル選手(カナダ)との勝者との対戦です 順当に勝ち上がるとフェレール選手(スペイン)と 準決勝ではジョコビッチ選手と当たるようです ATPツアーファイナル(11月ロンドン)の初出場を目指す錦織圭選手は今週の試合を棄権しています ファイナルでランキング3位のナダル選手(スペイン)が今季の残り試合の欠場を決めています 虫垂炎の手術をするようです 年間成績の上位8人の争いになりますが 錦織圭選手は現在5位につけています

ブリッジストーンオープンの3日目

 ブリッジストーンオープンの3日目は千葉袖ヶ浦CC(パー71)で好天の中行われて 小田孔明選手がトップを維持しています 小田選手はこの日は2アンダーで回り 2位の矢野東選手に3打差をつけています 以下8アンダーの3位には薗田俊輔選手 岩田寛選手と続き 藤田寛之選手 谷原秀人選手 宮本勝昌選手が11位タイ 片山晋呉選手は23位タイ 選手会長の池田勇太選手は日本オープン疲れでブービー賞です スネデカー選手は体調不良で棄権しています 最終日に3000万円をかけて優勝争いが見られるでしょう 

ロイアルズが2勝目を挙げる

 ワールドシリーズの第3戦はサンフランシスコのA&TTパークで 地元ジャイアンツとロイアルズとで行われました 1勝1敗同士の大事な3戦目でした 今季にポストシーズンは接戦が多いですがこの日も大接戦をロイアルズが制しました ロイアルズはポストシーズンにほとんどの接戦に勝っておりこの日も 勝ち切りました 

 ロイアルズの先発のガスリー投手の6回ノーアウトで2失点を喫していますが あとのピッチャーが無失点に抑えて勝利投手になっています この試合はロイアルズが1回に先行しましたが 6回に両チームが2点ずつ取って1点リードの9回には今季好調のホランド投手がキッチリとセーブを決めています ホランド投手は今ポストシーズンで7セーブ目を挙げています 勝利投手になったガスリー投手はこの試合で無四球 三振ゼロの先発勝利は史上初とのことです

 青木宣親選手は先発でなく代打の出番がありませんでしたが  味方の応援団として試合展開を見ていました ワールドシリーズは1勝1敗のあとの1勝を挙げたチームの優勝確率は 過去54回中38回で70%の優勝しているようです ロイアルズの.本拠地での試合で決めることができるのでしょうか 

ワールドシリーズの3戦目

 ワールドシリーズはロイアルズとジャイアンツとの試合で 1勝1敗のタイでジャイアンツの地元サンフランシスコで行われます ジャイアンツは地元の3連戦で3勝して優勝を決めてしまいたいでしょうが ロイアルズもこのところいいゲームをしていますので 地元に帰ってから勝負に持ち込みたいと思います 青木宣親選手はワールドシリーズに元気が無いように見えて先発落ちがいわれていますが サンフランシスコで調整を続けているようでどのようになるでしょう 

 相手先発の右腕ハドソン投手とは過去8打数2安打ですが 3四球を選んでいるようです ロイアルズの先発ベテラン右腕ジェレミーガスリー投手は ワールドシリーズ初先発でポストシーズンのチャンスもなかったのですが 大きなチャンスと見ています ガスリー投手は日系米国人の血を引く選手で関心があります 3戦目を勝つことはどちらのチームにも大きなチャンスと見ています

ブリッジストーンオープンの2日目

 ブリッジストーンオープンの2日目は千葉袖ヶ浦CC(7199ヤードパー71)で行われました 優勝賞金は3000万円です この日は前日4アンダーで6位タイの小田孔明選手が 6アンダートータル10アンダーで首位に立ちました 小田選手はノーボギーの6アンダーはいいスコアです 前日首位の矢野東選手は3アンダーでトータル9アンダー2位につけています

 小田孔明選手は先週の日本オープンで16位に終わりましたが 優勝のチャンスがあり7月の全英オープンへの参戦のチャンスもあります 賞金1位の藤田寛之選手はトータル1アンダーで36位タイです 日本人選手では谷原秀人選手が5アンダーで6位タイ 先週の日本オープンに優勝した池田勇太選手は1オーバーで56位タイ 同じく1オーバーは片山晋呉選手です 2オーバーが予選通過.のスコアですから あぶないところでした 

 招待選手のスネデカー選手は この日2アンダーでしたが トータル2アンダーで29位タイです コースコンデションもいいので大きく伸ばす選手もいると思われます 小田孔明選手にとっては賞金王の逆転のチャンスもありますので気合いが入っていると思われます あと2日36ホールの勝負です

プロ野球のドラフト会議

 プロ野球ドラフト会議が行われました そのなかで楽天.がドラフト1位で済美高の超高校級の安楽智大投手(3年)を引き当てました 楽天は06年に田中将大選手を 13年には松井裕樹選手を そして今回は安楽投手を獲得しています 立花陽三社長が3年連続でくじを引き当てて強運を見せていました セントラルリーグよりパシフィックリーグが勝っているように見えます 以前は選手側が拒否することもありましたが 読売ジャイアンツへのこだわりが選手側になくなっているように見えます 

ロイアルズがタイに持ち込む

 ワールドシリーズの2戦目で初戦を落としたロイアルズは この日は7得点を奪いタイに持ち込みました この日もジャイアンツが初回にホームランで1点を取られたのですが 6回に5点を取って優位に立っています そして3戦目はジャイアンツの本拠地サンフランシスコに戻ることになりました 同じ状況で3戦目を取ったチームが優勝したのが70%という記録があるようで 奇数のゲームの重要性が分かります 

 青木宣親選手の調子がおかしいのが気になりますが たぶんロイアルズのチームの力でサンフランシスコのゲームに勝てるように思われます ポストシーズンで調子の出なかったぺレス選手 インファンテ選手の二人がヒーローになっています 残りの4試合がどのように展開するのか メディアもファンも大いに関心があるところでしょう

ブリッジストーンオープンの初日

 千葉の袖ヶ浦CC(7119パー71)でブリッジストーンオープンの初日が行われました この日は雨模様の気温の低い天気に恵まれない中の試合となりました そのなかで新婚37才の矢野東選手が6アンダーで初日をトップで終わっています 矢野選手は6バーディーノーボーギーさらに21パットは気分のいいことでしょう 先週日本オープンで優勝した池田勇太選手(28)は2オーバーの66位からのスタートになります 

 賞金王を目指す藤田寛之選手も2オーバーです 3年ぶりの参加のスネデカー選手はパープレイの40位です 賞金王に近い選手としては小田孔明選手が6位タイ 谷原秀人選手は40位タイ 片山晋呉選手も2オーバーの66位タイです 今日から天気が良くなるようですから どのような選手が飛び出してくるのか関心があります スネデカー選手や藤田寛之選手の巻き返しがあるのでしょうか 注目したいと思います

男子ゴルフのブリッジストーンオープン

 男子ゴルフのブリッジストーンオープンが 千葉.袖ヶ浦CCで行われます 現在賞金ランク1位の藤田寛之選手(45)が2年前に逆転負けを喫したリベンジを期しています 池田勇太選手も先週に続く連勝を狙っているでしょう 今日はあいにくの天気のようですが 週末には好天が予想できます 今大会には米ツアー6勝のブラントスネデカー選手の参戦が予定されています スネデカー選手は日本ツアー4戦すべてにトップテン入りをしています 先週の米ツアーで松山英樹選手と同じ10位タイになっています 先週のアダムスコット選手と同じ米ツアーの有力選手が どのようなプレイを見せてくれるか楽しみです

山中慎介選手の防衛戦

 WBCバンタム級チャンピオンの山中慎介選手(32)は 同級1位の挑戦者スリヤン.ソールンビサイ選手(25タイ)との試合でKOできずに終わりました 挑戦者のラフファイターにやりにくそうにしていましたが 初回から挑戦者のラフファイターに手こずっていました 挑戦者はずんぐりで首が太く短くいかにも打たれ強くタフな感じでした パンチもそこそこでチャンピオンもたじたじの場面がありました

 山中慎介選手が具志堅選手の持つ6連続KOはできませんでしたが 判定の決着になっています 通算戦績は22勝(16KO)2分けとしています 7.回8回9回とダウンを奪いましたがKOできませんでした チャンピオンも本来の調子のように見えませんでした しかしランキング1位の選手を破ったことでチャンピオンが希望している 統一戦の可能性があります バンタム級最強を証明したいようです 来春にもアメリカでの防衛戦も可能性があるようです 今後が楽しみです

ワールドシリーズの初戦

 いよいよ今シーズンのワールドシリーズが始まりました ワイルドカードから8連勝していましたロイアルズですが この試合はロイアルズの先発ピッチャーの不調で初回に3得点を許し 相手のバムガーナー投手の前に打線が沈黙してしまいました 結局は完敗という結果になってしまいましたが きれいな負けでかむしろさっぱりしたのではないでしょうか 

 ロイアルズの先発のシールズ投手は 初回にホームランなどで3失点して4回持たずにKOされています 接戦で勝っているロイアルズですがこの試合は チームのペースに持ち込むことができませんでした ジャイアンツは10年 12年のワールドシリーズから7連勝をしています ロイアルズにとっては手ごわいチームですが 今日の試合に勝つことが必要です

 ロイアルズはヒット4本に抑えられて青木宣親選手もヒットがありませんでした ロイアルズは公式戦161試合目の9月27試合以来の負けで本当に久し振りの負け試合でした 本拠地での2連敗は許せませんので今日は必勝の体制で臨んでほしいです 短期決戦は奇数の試合に勝つことが必須とされますが ロイアルズが1勝1敗で敵地の乗り込めればいいでしょう

ボクシングの山中慎介選手の試合

 ボクシングのWBCバンタム級タイトルマッチが今日行われます 世界チャンピオンの山中慎介選手はタイのソールンビザイ選手の挑戦を受けます 山中慎介選手は7度目の防衛戦.で具志堅用高選手の持つ6連続KO防衛の日本記録に臨みます 具志堅選手は35年前にWBA世界ライトフライ級でグスマン選手(ドミ二カ)に7回KO勝ちして9戦目にして世界王者になっています 具志堅選手は世界戦15勝14勝1敗(9KO)です 山中慎介選手がどこまで勝ち続けるのか大変に関心があります 今日の相手の選手はKO負けがないようですがどのような結果になるでしょうか

今年のダンロップフェニックストーナメント

 今年のダンロップフェニックストーナメントは 11月20日から宮崎のフェニックスCCで行われますが 参加選手に12年に全米オープンに優勝しているウェブシンプソン選手(29)が決まったそうです そのほか今季マスターズトーナメントに2位になったジョーダンスピース選手が参加します ジョーダンスピース(21)は若手の代表選手で日本の松山英樹選手や石川遼選手と同じ世代の選手です

 日本からは松山英樹選手(22)と石川遼選手(23)の参加がきまっています 松山英樹選手はメモリアルトーナメントで優勝したことで世界の一流選手の仲間入りをしており 石川遼選手も早く1勝をして松山英樹選手と肩を並べる選手になってほしいです 米ツアーで勝つことのむずかしさは石川遼選手もよくわかっているでしょうが チャンスと大きな運がないと実力だけではなかなか困難でしょう

 松山英樹選手はキッチリと結果を残しましたが 松山英樹選手の鈍感力がいわれていますが確かにメモリアルトーナメントで優勝した瞬間も勝って当然のような態度をみせていましたし 丸山茂樹が初優勝の時は最終パットに膝がガタガタ震えたとしていますが これが普通なのでしょうが松山英樹選手にはそのようなものが全く見えませんでした そしてほとんど涙も見えませんでした そのくらいの心臓を持っていないとダメなのかもしれません

いよいよワールドシリーズが始まります

 ジャイアンツとロイアルズとの対戦するワールドシリーズの初戦が始まります ロイアルズは29年ぶりに世界一になることができるでしょうか ロイアルズの本拠地での試合になります ジャイアンツの先発は今季18勝を挙げている左腕バムガーナー投手との対戦になります 青木宣親選手がロイアルズにいることから日本でも関心が大きいです しかもロイアルズはポストシーズン負けなしの好調さで臨んでいます 

 青木宣親選手過去バムガーナ―投手に抑えられておりますが ロイアルズの勢いがジャイアンツのそれに勝っているように見えますので 地元で2連勝をして敵地に乗り込むことができれば問題ないのですが 青木宣親選手は今季左腕投手との対戦で124安打 45ヒットで打率363です 左腕投手.との対戦で左打者の青木宣親選手はメジャー最高の打率を挙げているのです

 日本人選手で過去に世界一になった選手は9人いますが 青木宣親選手が10人目の日本人世界一になることができるでしょうか ヤンキースの松井秀喜選手が世界一になったことは5年前ですが松井秀喜選手はMVPを取っています そして去年はレッドソックスの上原浩治投手が世界一になることは記憶に新しいです 今年のワールドシリーズがどのような展開になるのでしょう

松山英樹選手と石川遼選手の結果

 シュライナーズホスピタルオープンが終わりましたが 今季の2試合目は日本の二人の選手が存在感を見せていました 松山英樹選手は2試合続けてトップテンに入る安定した強さを見せていましたし 石川遼選手はギリギリの予選落ちから10アンダーまでの28位の頑張りでした この2試合の結果松山英樹選手が4000万円以上を稼ぎましたし 石川遼選手も1300万円程度の賞金を得ています 優勝は20アンダーのベンマーチン選手でした フェデックスポイントは松山英樹選手が189ポイント 石川遼選手は93ポイントです ポイントは500ポイントを取れば来年の出場権を取れます 



 世界ランクが発表されて松山英樹選手が20位 石川遼選手は83位としています 日本オープンで優勝した池田勇太選手は226位から104位に浮上しています 世界ランクが50位以内になればいろいろな試合に出られますが アダムスコット選手が日本オープンの参加は残念ながら意味にないものになってしまいました 池田勇太選手は嬉しかったようで今後の活躍が見られるでしょうか 池田勇太選手にはなぜかあまりいい印象がないです 

 国内男子ツアーの最終戦日本シリーズは 出場枠として 「ツアーメンバーのうち100位以内の上位3名」 が設けられました 大会側としては世界の舞台で活躍している選手の参戦を期待してのもののようです 今後は松山英樹選手や石川遼選手のような選手の出るように促しているようですが 今年の松山英樹選手はその週にタイガーウッズ選手の招待試合ヒーローワールドチャレンジの出場を決めています

高校野球のタイブレイクの採用

 今年の高校野球で50回もの延長戦を戦ったことなどから タイブレイクを採用することが考えているようです タイブレイクは延長戦をいつまでも続けて選手の健康の問題と運営する側の事情などから 考えられていましたが本格的に採用されるようです 具体的には10回に一死満塁からスタートして試合を早く終わるようにするようです アメリカンのメジャーリーグのようにどこまでも続けるやり方は 午前1時でも2時でもやっていますが見ている観客もかないませんが メジャーでは珍しくないです ピッチャーがいなくなって野手がピッチャーをやることがあります タイブレイクはサッカーのPK戦のようなものでしょう
プロフィール

奈瀬里 柴二

Author:奈瀬里 柴二

アクセス数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。