スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯の決勝トーナメントと話題

  W杯の決勝トーナメントのブラジルとチリとの試合は1-1のまま PK戦になってブラジルが勝ちましたがブラジルサポーターは薄氷を踏む思いでした ブラジルのゴールキーパーのジュリオセザール選手がPKでのセーブを決めていました 今後もブラジルはネイマール選手の活躍が必要なのでしょうが 本調子でないかもしれません

 2試合目はコロンビアとウルガイとの試合で 予選を日本と戦ったコロンビアが勝っています コロンビアが乗ってきました 2-0で勝っていますがロドリゲス選手が4戦5ゴールでトップになっています 

 ザック監督の後任としてメキシコ.人のハビエルアギレ氏が 次期サムライジャパンの監督に決まりそうです 史上最高の2億5000万円の契約金のようです アギレ氏はメキシコ人ですが現在はスペインが拠点のようです メキシコの名将としてW杯に2度の経験があるようです ロシアW杯までの4年間を任されるようです 是非よろしくお願いします
スポンサーサイト

マー君の敗戦が大きな話題

 ヤンキースのマー君が敗戦して日本のスポーツ紙が大騒ぎです ダルビッシュ投手の応援.団長としては思わずニッコリです この日を待っていました マー君から決勝ホームランを打ったレッドソックスにおナポリ選手が 「バカじゃね」と発言したことが大きく報道されています それに対してニューヨーク ボストンの新聞が大きな問題にしています

 ニューヨークとボストンは犬猿の仲で今後もこの問題が尾を引きそうです ヤレヤレとけしかけたいです 今後の両チームの対戦が楽しみです 9回の2アウトからのナポリ選手のホームランにいろいろな意見があるようですが ナポリ選手に軍配が上がりました それでもマー君は26試合.連続のクオリティスタートを記録しています 

 レンジャーズのダルビッシュ投手が8勝した試合は 本拠地アーリントンの試合で気温は30度を超えていましたが 強い風が吹いていてダルビッシュ投手が汗を拭くしぐさを見せませんでした アーリントンはこれから40度にもなる球場で今後が問題です でもニューヨークのような湿度は高くないので楽にも見えます

 ダルビッシュ投手はこの日の10三振で2桁三振はメジャー通算25度目で レンジャーズではあのノーランライアン投手の通算34度に続いて2位になっています デビューから3シーズンでの2桁奪三振は グッデン投手の31試合に次いで2位です とくに今季4月には10三振がなく今年は何が違うのかと思っていましたが 5月以降の10試合で5試合を記録しています いつも思っていることはダルビッシュ投手は四球が多いのが気になりますが これが解決したら大変なことになるでしょう おおいに楽しみです

マー君とダルビッシュ投手の先発試合

 ヤンキースのマー君はボストンレッドソックスとの試合 レンジャーズのダルビッシュ投手はミネソタツインズ戦という同日対決になった試合でダルビッシュ投手がマー君に勝っています マー君がメジャーに来てから初めてのことです 胸がスッキリしました ダルビッシュ投手は前回そして前々回の.先発でよくなかったのですが これを機にダルビッシュ投手の倍返しの始まりです 

 ダルビッシュ投手はツインズ戦で8回 110球4安打 1四球 10三振 0失点と本来の調子に戻ってきたように見えます 防御率がアメリカンリーグ3位です この日も本格的なダルビッシュ投手とは言えないようにも見えましたが もっとよくなってくるのかもしれません 大いに期待できるピッチングでした オールスターまでの3試合かでますますさえてくるように見えます

 一方のマー君9回を投げて2失点 7ヒット 1四球 8三振 で11勝3敗で防御率は2.10でアメリカンリーフトップです ただ3敗はマー君にとって面白くない結果と思います とくに9回に打たれての負け投手はこたえるでしょう そして9回のヤンキースの攻撃に上原投手がキッチリと抑えて貫禄を示しています 上原投手は17セーブを挙げています この日のヤンキースとレッドソックスというゴールデンカードの試合は全米に中継されています 日本のダルビッシュ投手 マー君 上原投手というピッチャーの競演が見られました 今日は大満足の日でした

米男子ゴルフツアーのタイガーウッズ

 タイガーウッズ選手が3月に腰の手術後の復帰戦クイィケンローンズ.ナショナルで予選を通過できませんでした 初日か83位の出遅れから 2日目も挽回できずに予選通過はできませんでした 現在世界ランク3位のタイガーウッズですが7月15日からの全英オープンに向けて 調整をしている筈ですが どこまで戻してくるのでしょうか 人気はまだまだ一番で期待をしていますが 戻らないままになるとは思いませんが 往年の素晴らしいショット パッとに期待は大きいです

ザックジャパンの帰国

 ザックジャパンが帰国しました 1000人のファンが黄色い声で迎えていたようです 日本人は負け犬に鞭を打つようなことはしませんが 選手が罵声を覚悟していたようですが日本人の優しさだと思います 結果は実力であって仕方のないことでしょう W杯で毎回16強の期待をするのが無理なのでしょう 

 選手もどんな顔をしていいのかわかりません 帰国会見も行われていませんがメディアも選手もそのショックが大きかったのでしょう コロンビア戦の前の選手のコメントも大きな奇跡を期待をさせてくれるようなものばかりでした お疲れ様ということです 次に期待しましょう

ブラジルW杯の1次リーグが終わりました

 ブラジルW杯の16強が決まり決勝トーナメントが始まります 1次リーグで消えたチームにスペイン イングランド イタリア ポルトガルがあり いかに16強が難しいかがわかります 日本の落選は当然のように見えます それにしてもW杯に各国が必死になっているかがわかります 今回のW杯で活躍しているのは南北アメリカ大陸の国々です

 南米では6か国中5か国が勝ちあがっています 北中米カリブ海勢も3か国も16強入りしています アフリカ勢はアルジェリア ナイジェリアが突破して史上初めて2か国が決勝トーナメントに進んでいます それに引き換えヨーロッパ勢は苦戦しています13か国中7か国が姿を消しています

 そしてアジア勢が日本 オーストラリア イラン 韓国が1勝もできずに消えています 韓国とイラン そして日本が引き分けの勝ち点1を取っただけです そうしてみると時差が関係しているとみることができそうです アジア勢はどちらにしても不利なのかもしれません 次回のW杯がロシアですがアジアにとって有利かどうか検討してほしいです

W

松山英樹選手と石川遼選手の試合

 男子ゴルフの長嶋茂雄招待セガサミー杯は7月3日 北海道のノースカントリーGCで開幕します 米ツアーを主戦場としている松山英樹選手と石川遼選手にとって どちらが存在感を見せるのか 大変に興味があります 優勝賞金が4000万円というツアー最高額ですので どの選手も懸命のプレイが見られるでしょう 

 昨年の試合で優勝した薗田俊祐輔選手に取って連覇をすると 2000万円のボーナスが出ますので気合が入ります 昨年は快進撃を見せていた松山英樹選手を制して勝っています 3日目には6連続のバーディを奪い 61のコースレコードをマークしています しかし今季は予選通過が3回です

 ホストプロは丸山茂樹選手(44歳)です 米ツアー3勝の実績をもつ丸山茂樹選手はショートゲームの冴えが原動力で衰えを見せていません 

メジャーリーグの試合と話題

 ヤンキースの黒田博樹投手がブルージェイヅ戦で勝ち投手になっています この試合で黒田博樹投手は7回途中まで102球 8安打 1ホームラン 4三振 2四球 3失点で勝利投手になりました 味方の打線が5点を取っています それでもヤンキースは東地区の3位としており40勝37敗です マー君が一人で大きく勝ち越していますが勝率が上がりません

 マリナーズの岩隈久志投手がレッドソックスとの試合で5失点負け投手になっています この試合で岩隈久志投手は5回途中まで5失点で80球 8安打 1ホームラン 3三振 で5勝4敗になっています この試合で初回にオルティーズ選手に2ランホームランを打たれています 2試合連続の5失点は珍しい.です この試合レッドソックスの上原投手が9回に1点差を抑えて16セーブを決めています 

 ジァイアンツのリンスカム投手が昨年の7月に続くノーヒットノーランを記録しました 初の快挙を成し遂げた時と同じパドレス戦で 許した走者は2回の四球による一人だけです 113球 6三振でした 

 ヤンキース.のマー君は29日(日本時間)にレッドソックスとの試合で先発します 前回の先発でオリオールズ戦で負け投手になっており レッドソックスの強力打線にどのように対応するのか関心があります 

メジャーリーグの試合と話題

 マリナーズが6月メジャー30チームトップの15勝目で6個の貯金をしています 岩隈久志投手は26日(日本時間)にレッドソックスとの試合の先発が決まっています レッドソックスが今季の成績が上がらない状態が続いています 田澤 上原投手のコンデションはいいのですがチームはなかなか勝てません 

 勝てないチームといえば残念ながらテキサスレンジャーズを挙げないわけにいきません マリナーズとは反対に6月はメタメタに負けています ダルビッシュ投手もこれに合わせていて勝てませんが 次戦には是非キッチリと勝ってほしいです それでも故障者が多すぎて簡単に勝つことができません ダルビッシュ投手も責任が大きなプレッシャーを感じているように見えます 

 ダルビッシュ投手が29日(日本時間)にツインズ戦の先発が決まっています 本拠地アーリントンで8勝目を狙います このところ2連敗です 何とかレンジャーズの勢いをつけるようなキレのある投球で三振の山を築いてほしいです ノーヒットノーランを目指して8勝を願います

ザックジャパン敗戦の弁

 ザックジャパンのブラジルW杯2014が終わりました A級戦犯としてザック監督の責任は免れません そしてザック監督は母国イタリア以外の初監督で代表チームを率いるのも初めてもちろん初のW杯 指揮官が一番プレッシャーを受けていたのでしょう ザック監督は就任当初良かったように見えましたが W杯に近づくほどよくなくなってきたようです

 ザック監督の解任と新監督の人選が始まっているようです メキシコ人のハビエル.アギレ氏(55)が浮上しているようです アギレ氏には2018W杯ロシアまでの契約のようです アギレ氏はスペインリーグのエスパ二ヨ―ルとの契約が満了 アレギ氏が日本に興味を示せば詰めの交渉に入るでしょう 監督の人選は非常に難しい問題と思います

 コロンビアとの最終戦前半は良かったと思いましたが 後半に失点を重ねてしまいました 初戦から体調の管理に失敗したように見えましたが 海外組がシーズンが終わって疲れがたまっている状態で厳しい代表招集があり 疲れがどこまでも残ったように見えました いろいろW杯の総括が必要だと思います 

 岡崎選手が今回のMVPといえるのでしょう 泥臭さが日本チームにないのが注目されています たしかに日本チームはきれいに勝とうとしており 岡崎選手はゴールに向かう意識がほかの選手を上回っていました 日本では育ちにくい選手なんかもしれません 本田圭佑 香川真司 とくに香川選手には失望しました 

W杯の1次予選がたけなわです

 W杯の決勝トーナメントの出場チームが決まりつつあります ブラジル メキシコ オランダ チリ コロンビア コスタリカ フランス ベルギーなどのチームが決めています 反対に1次リーグで敗戦したチームはカメルーン スペイン オーストラリア イングランドなどです

 日本もコロンビアに負けて終わりです 結局ザックジャパンは1勝もできずに今回のW杯が終わったことになります また4年後のW杯に向けて監督も選手も 大きく変わることになるでしょう 日本はFIFAランクの46位の実力といえるでしょう このランクを4年後までにどれだけ挙げることができるでしょうか 

 コロンビア戦は奇跡を信じてという選手の言葉は ほとんど可能性がないといっていることと思います スポーツは実力の世界ですのでなかなかその差はちじまらないのでしょう それでもザックジャパンは試合ごとによくなっているようにみえましたが C組の4位でブラジルW杯は終わりました

 この試合のピッチコンデションはかなり酷い状態で 試合前にピッチの刈込も行われていなく どういうことなのかわかりません 全体に見てピッチコンデションの悪いところが多く 試合が進むごとにますます酷くなると思われます ザックジャパンの最終戦も気温32度 湿度30%という比較的いいコンデションだと思われますが相手が強かったということのようです

ゴルフの話題

 全米女子オープンが最終日を迎えて元祖天才少女ミッシェルウィー選手が(24才)11度目の出場で初優勝です プロ転向後に両手首の故障などで活躍ができませんでしたが ヤット実ることができました パターのスタイルがあまり恰好のいいものではありませんが 183センチの身長とビッグ.ドライブは誰もかないません これを武器にこれからウィー選手の時代が来るのでしょうか この試合で横峯さくら選手が4位に入りました 

 米男子ツアーのトラベラーズ選手権の最終日は コネティカット州クロムウエルのTPCリバーアイランドで終盤の7ホールで連続バーディを奪ってケビンストリールマン選手が優勝しました 

 松山英樹選手と石川遼選手が7月3日開幕の日本ツアー 長嶋茂雄招待セガサミー杯(北海道)にエントリーしたことが分かりました 6月1日にメモリアルトーナメントで米ツアーで初優勝した松山英樹選手は日本の今季初出場 石川遼選手は5.月以来3大会目です

マー君とダルビッシュ投手の残念な結果

 ヤンキースのマー君がオリオールズ戦で負け投手になり レンジャーズのダルビッシュ投手もエンゼルス戦で負け投手になっています マー君は2敗目ですが ダルビッシュ投手は4敗目を喫しています ダルビッシュ投手は去年もそうだったのですが暑さに弱いのではないかと心配をしています ちょうどオールスター戦のころが一番疲れがたまる頃かもしれません

 ダルビッシュ投手は2試合連続で2本ずつのホームランを打たれています それまでは今シーズン3本のホームランしか打たれていませんでした なにか自信のなさそうな表情を見せています 休養を取りたいのかもしれません 昨日の試合でワシントン監督は退場を命じられています 監督もこのところのチーム事情を心配してストレスがたまっているようです 

 ダルビッシュ投手もチームを一人で引っ張っていかなければならない状態を知っています それだけに余計に自分にプレッシャーをかけているように見えます 大いに心配です それでも三振は取れているのが唯一の安心というか自信を取り戻してほしいです これからが暑さとのたたかいでもあります 

 この日のダルビッシュ投手はツキにも見放されているようでした 1回の失点もキャッチャーのミスが失点につながり立ち上がりの不安を一層あらわしていました オールスターまで4試合位を予定しているはずでそれを何とかして乗り越えてほしいです キャッチャーがつぎつぎと変わるのはピッチャーにとって不安材料と思われますが なんとかしてほしいです

日本男子ツアーの森ビル杯

 ツアー選手権森ビル杯は宍戸ヒルズCCで行われ 最終日にトップでスタートした竹谷佳孝選手が逃げ切りました 竹谷選手はこの日も5連続バーディを奪うなどでしたが 最終ホールで追いつけれましたが 韓国のイーサンヒ選手と並びプレイオフの展開でしたが イー選手の11番のグリーン上での違反行為で2打罰が課せられ2ペナルティで竹谷選手の優勝が決まりました

 罰則はグリーン上ではカップとのラインを触ってはいけないというルールがあり これに違反したとしており何回もビデオが流れていましたがイー選手が納得できないようでもめていましたが 選手は裁定を待つ立場であって自分の見解を言える立場ではないはずです 後味の悪い結果になりました 画面を見た段階で負けを宣言するのがフェアーに思います 醜い結果です

メジャーリーグの試合と話題

 ヤンキースのマー君とレンジャーズのダルビッシュ投手が今日先発ですが 7月15日のオールスターまでの先発が両投手が同じ日に先発のようです 今日はマー君がオリオールズ戦 ダルビッシュ投手がエンジェル戦 次がマー君はレッドソックス戦 ダルビッシュ投手がツインズ戦です 両投手ともにオールスターに選ばれることは決まりですが ダルビッシュ投手は過去2回選ばれていますが 一度も投げていません 

 ワシントン監督は本人次第で希望するなら1イニング 20球以内としているようです マー君は先発もあるのでしょうか そしてオールスター後にヤンキースとレンジャーズの試合が組まれています 最高の場面が見られるかもしれません しかし残念ながらレンジャーズは故障や怪我の選手ばかりで最低の調子であります レンジャーズはダルビッシュ投手の勝ち星だけが関心です

W杯ブラジルの話題

 W杯も2試合ずつ終わりアジアのチームが1勝もできていません 最後の韓国もアルジェリアとの試合で2-4の惨敗でした オーストラリアも2連敗で敗退です 韓国は前半にシュートがゼロで0-3の結果でした ザックジャパンも同じような結果になりそうで寂しい限りです 世界との差を大きく感じざるを得ません 韓国選手はガッチリとした体形ですが勝てません

 韓国のホンミヨンボ監督も手が出ませんでした 日本も日本人の監督にしたらという意見があるようですがどちらにしても 人選が大変でしょう 日本も首の皮一枚残っている様ですが敗退が濃厚であることに変わりはないです ザックジャパンと親善試合で戦ったコスタリカ代表がイタリアとウルガイに勝ってトップに立っています

 そして今日から3回戦が始まり 順位が確定します ブラジルW杯のピッチコンデションを心配していましたが杞憂に終わったようです しかもスタジアムの立派さは見事です 日本の環境では考えられないスタジアムの陽射しの少なさです このことは少し詳しく考えてみたいです 日本では参考にならないことには変わりません

メジャーリーグの話題

 ヤンキースの黒田投手はオリオールズ戦で先発して6回2失点でしたが勝敗は付きませんでした 黒田博樹投手はクオリティスタートが多いのですが勝利に恵まれません 今季は4勝5敗 防御率4.32です

 マリナーズの岩隈久志投手が打線好調のロイアルズ戦につかまり 6回途中9安打 5失点でしたが味方の打線で試合は勝っています 岩隈久志投手は5勝3敗で防御率3.04です

 メッツの松坂大輔投手がマーリンズ戦で今季初黒星を喫しています この試合85球 6安打 1失点で負け投手になっています 今季は3勝1敗1セーブ 防御率2.68となっています

 レンジャーズのダルビッシュ投手が23日(日本時間)にエンゼルス戦で先発が決まっています 前回のアスレチック戦の悪夢を忘れて好投してくれると思います 8勝目を期待しています 

ゴルフツアーの話題

  松山英樹選手が米国から帰国しています メモリアルトーナメントの優勝をして米ツアーに大きく名乗りを上げた松山英樹選手が帰国しています 松山英樹選手は7月17日開幕の全英オープンまで米ツアーの出場予定がなく日本に滞在します 7月3日からの長嶋茂雄招待セガサミー杯北海道ノースカントリーGCに出る予定です 松山英樹選手は4月に大学を卒業して米ツアーの参加を表明して優勝するまで日本に帰らないとしていました

 タイガーウッズ選手が6月26日開幕の米ツアークイッケンローンズ.ナショナル(メリーランド州ベセスダ)で復帰すると発表しています 3月から戦列を離れて手術を受けマスターズトーナメントも辞退していました 世界ランクの1位から落ちていますが復帰は嬉しいニュースです

 

W杯の結果

 W杯ブラジルの1次リーグの半分が消化していますが ザックジャパンが崖っぷちに立っています ギリシャとの試合はどうしても勝たなければなりませんでしたが引き分けに終わり1次リーグ突破の夢は消えてしまったようなものです 相手チームに怖さを与えるような試合ができませんでした 攻めが遅いのでパスを回すだけでつまらない試合でした 

 初戦のコートジボアール戦に引き分けならわかりますが 遅すぎる結果です 4年後に期待するほかないです ザックジャパンは世界ランク46位でザックジャパンよりしたのチームは韓国とオーストラリア カメルーンです アジアは予選が甘いのです 32チームが参加していますがランク46位は1次リーグの参加が不思議なのでしょう 日本の予選突破の確率は7%だそうです 

 それでもスペインやイングランド ポルトガルなどランク上位のチームが苦戦していることを見ると 日本が簡単に勝てるはずがないといえます フランスチームが好調のようです ランク6位のスイスと5-2で圧勝しています しかし1次リーグ突破のあとも優勝するためには4試合を勝ち続け無ければならないのです ザックジャパンの優勝宣言の無意味さを残念ながら感じてしまいます

ゴルフ試合の話題

 石川遼選手は米ツアーのトラベラーズ選手権で2日目も1オーバーで予選落ちでした トップは11アンダーです 石川遼選手はシーズン当初はいい感じでしたがこのところはいいところがないです シーズンも9月までで終わってしまいますがもう少し頑張ってほしいです 来季のツアーの参加は決まっていますが賞金獲得もこのところ増えてないです 今田竜二選手も予選落ちです

 全米女子オープンの初日アマチュア16才の橋本千里選手が3オーバーで33位でした 日本の女子アマの選手が10人ぐらい優秀な選手がいるようで楽しみです 宮里藍がつけた道筋を若いアマ選手が乗り越えてくれれば楽しくなります この試合森田理香子選手も33位です 

 男子ゴルフツアー選手権森ビル杯が2日目が終わり 10アンダーで竹谷佳孝選手がトップです 男子の若手の選手が伸び悩んでいるように見えます 松山英樹選手の活躍が刺激になって若手の優秀な選手が出てくることを望みます しかも上位の選手が外国人に占められているのは悲しくなります この試合で嘉数選手が10番のロングホールでアルバトロスを記録しています 515ヤードという比較的短いロングホールですがアルバトロスを記録して予選落ちした選手は初めてのようです

メジャーリーグの試合結果

 ドジャースのクレイトン.カーショウ投手が準完全試合を逃しています カーショウ投手は本拠地でロッキーズ戦でノーヒットノーランをメジャー7年目にして決めました 一人のランナーはショートのエラーでした カーショウ投手はサイヤング賞を2度も取っている左腕です ノーヒッターは同僚のベケット投手が先月に成し遂げています 

 ダルビッシュ投手も去年のアストロズ戦で9回2死までパーフェクトでしたが 最後のバッターにヒットを打たれて大魚を逃がしています 今年もノーヒッターを最後の選手にヒットを打たれて逃しています 

 マー君が次戦は23日(日本時間)にオリオールズ戦に決まっています 11勝の次は12勝といくのでしょうか羨ましい限りです ダルビッシュ投手も23日にエンゼルス戦に決まりました マー君に追いつけ追い越せを目指しています 中地区の首位攻防戦に3連勝したロイアルズが首位をキープしています レンジャーズは西地区の4位です悲しい位置です ヤンキースは東地区の2位です

W杯一次リーグの結果

  スペインが一次リーグ敗退がショックを呼んでいます 2連敗はもとよりですがその負け方が酷いものでした 早くも前回優勝チームのスペインが消えてしまいました A組が2試合終わっていますがブラジルが有利ですが決定はしてません メキシコが頑張っています B組はオランダが優位に試合を進めています 

 C組のザックジャパンはギリシャの試合で負ければ終わりですが 勝てるチャンスはありますし勝たなければならないです 試合会場のナタルのピッチコンデションは悪くないようですし 天気も前回とは違うようですのでいいような気がします ギリシャはランクが日本よりはるかに上ですので まともには勝てないと思いますがそこを何とかしてほしいです

 そのほかのチームではフランス アルゼンチン ドイツ アメリカなどが勝ち残るような気がします 韓国もロシアと引き分けましたが あとの2試合次第で一次リーグの突破が決まります アジアのチームは世界ではなかなか結果を残すのが難しいのですが ザックジャパンには細い綱が残されていますが 頑張ってほしいです

スペインが1次リーグの敗戦

 前回のWカップの優勝のスペインがオランダに5-1で負けて 2回戦でチリにも0-2で負けて1次リーグの敗戦が決まってしまいました 信じられないようなことが起きています 世界ランクトップのチームが2連敗になるわけですから46位のザックジャパンが勝てるのが不思議ともいえます 

 ギリシャと2回戦を戦うわけですがギリシャは世界ランク12位です 実力的にはかなりの差があると思わざるを得ません でもギリシャは国内では経済危機に見舞われており日本のようなパブリックビューイングはどこにもないようです 日本は平和でいい国と思わざるを得ません それでも日本人はわかっていないように見えます 

 ブラジルとメキシコの試合は0-0のドローになりましたが ブラジルのサポーターは満足のできない結果だったでしょう ブラジルに残された試合はカメルーンですが 1位突破を義務とされているブラジルにとってはどんな試合を見せてくれるのでしょうか 1次リーグを突破してから優勝までには4連勝が必要になりますが 日本がこのようなことをできるはずがないと断言したいです それでもサムライジャパンがアジアでは強くなっていることは間違いがありません

マー君とダルビッシュ投手が天と地

 ヤンキースのマー君がブルージェイヅ戦で6回1失点 5安打 10三振 3四球で勝ち11勝目を決めました 勝率 防御率 WHIPともに1位です 恐ろしいことになっています どうして勝てるのかわかりません 必ず反動が来るはずです反動が来てほしい 新人が11勝でトップになったのは3人目だそうです これからが暑さとの戦いになるので簡単には勝てなくなるはずです

 レンジャーズのダルビッシュ投手が天敵のアスレチック戦でメタメタでした 敵を見下ろして三振の山を築くパターンがこのチームからはできません 今度こそという気持ちがあったのですがダメでした それでも三振率はいいです まだイニング数が足りないので挽回をしてくれるはずです これから夏場の勝負が始まりますが何とかしてほしいです

 日本人投手の一年目はダルビッシュ投手が16勝していますが マー君がどのくらい勝つのかわかりません ダルビッシュ投手はどこかのいいチームへ移ってほしいです 打撃が強いチームになればもっと勝てるはずです サイヤング賞が似合うのはダルビッシュ投手だと思います

ブラジルとメキシコの激戦

 ブラジルWカップの5日目が終わり見どころのある試合を展開しています オランダが前回優勝のスペインに5-0の快勝やドイツとポルトガルの試合は4-0でドイツが勝つなど意外に得点の大きな差が出た試合もありました ドイツはこの試合でWカップ100試合目を記録しています ドイツは3回のWカップ優勝を記録しています ブラジルは98試合目で5回の優勝を決めています 

 ブラジルにとっては地元の開催で絶対に優勝を目指しているでしょう そのブラジルが予選の2試合目でメキシコとの試合をしました ブラジルとメキシコはロンドンオリンピックの決勝でメキシコが優勝した試合の再現でもあります 試合は0-0の引き分けに終わりましたが両チームは最後まで足の止まらない試合でいい試合でした

 試合はフォルタレザという場所でしたがピッチコンデションはあまりよくなかったですが バーミューダグラスの大きくめくれない草に見えました 日本のような冬のある場所では一年中はグリーンになりませんがブラジルではここをクリアーしているのはうらやましいです ヨーロッパでもアメリカでもこのコンデションをクリアーする場所は少ないです

 日本のギリシャとの試合が明日になってきました 今度こそ決めないと3連敗になる可能性があります 何とかしてくれるように見えますが何とかしてほしいです 

石川遼選手はが久し振りの試合

 USオープンの激戦のあとを受けて行われるトラベラーズ選手権.は TPCリバーハイランドのクロムウエルCCで行われます 石川遼選手が久し振りの参加です USオープンの強烈なコースコンデションを見てくると易しいコンデションに思えるはずです 石川遼選手は8.30分のスタートでアーロンブラッドリー選手 モーガンホフマン選手との組み合わせです

 そのほか主な選手はジェイソンデー選手 ハンターメイハン選手 ババワトソン選手 キーガンブラッドリー選手などが参加をしています 石川遼選手にとっても存在感を見せつける大きなチャンスといえるでしょう 今季も試合が残りが少なくなってきましたが 石川遼選手はもそろそろベストテンを狙えるチャンスともいえます

 石川遼選手は来季のツアーの参加は決めていますが マスターズトーナメントの参加には優勝か世界ランクの50位以内の条件が必要になりますので どれかの条件をクリアーしなければなりません その為には困難な条件ですがなんとかして乗り越えてほしいです 

岩隈久志投手がレンジャーズを破った

 岩隈久志投手が今季9試合目でレンジャーズに勝って5勝目を挙げています 相手がレンジャーズ以外ならば喜んであげるのですがあまり喜べないのが残念です 岩隈久志投手は3敗していますがレンジャーズの試合には頑張らないようにしてほしいです 

 松坂大輔投手がパドレス戦で先発しましたが 腹痛を訴えて1回で降板しています 結果はメッツが勝ったので良かったです 田澤投手がインデアンズ戦で11回の延長戦に1点を取られて今季の1敗をしてしまいました ヤンキースはアスレチック戦で負けていますがイチロー選手.が2安打を打ち2781安打で親友のグリフィー選手と並び歴代49位になりました

 レンジャーズのダルビッシュ投手とヤンキースのマー君が18日(日本時間)ダルビッシュ投手は苦手のアスレチック戦 マー君はブルージェイヅ戦に先発します マー君が負けて ダルビッシュ投手が勝つとマー君に近づけるようになります

Wカップブラジル大会の結果

 日本が一番大切だった初戦の敗戦で盛り上がりの少ない 結果に終わりそうですが試合会場のピッチの状態を見ていますが酷いコンデションが少ないように見えます もっとひどいコンデションを予想していましたが日本の試合でも思ったほどひどくなかったです ブラジルの気候ではバーミューダグラスで一年中使えるようでその点はうらやましいです

 フランスとホンジュラスの試合を見ましたが フランスの強さが際立っていたようです フランスチームは黒人が目立っており違うチームのように見えました 私は1998年の日本が初めてWカップに参加できたフランス大会に見に行くことができたのですが このW杯はチケットを売り出した会社が倒産してチケットが手に入れられるかわからないまま出かけたのですが 日本の試合などを見ることができました

 その中でフランスとサウジアラビアとの試合は開幕戦でした この試合でフランスのエースジダン選手が初戦でレッドカードをくらいましたが 最終的にはフランスが優勝していました 今回も強そうに見えます アルゼンチンがボスニア戦に勝っていますがエースのメッシ選手がゴールを挙げています メッシ選手はW杯3回目の出場で2ゴール目だそうです マラドーナの後継者として期待されていますがW杯では初出場の1ゴールだけでした

 前回優勝のスペインがオランダに惨敗したり ザックジャパンが1-2の敗戦は珍しくないことです 香川や選手が期待どうりの活躍をしないと盛んに言っていますが 当日の雨のコンデションや夜中のキックオフなどで選手のコンデションにむずかしさがあったのかもしれません 次戦では見違えるような試合を見せてくれるかもしれません

松山英樹選手のUSオープンの結果

 パインハーストCCで行われた114回目のUSオープンの最終日松山英樹選手は 35位という結果に満足していないでしょうが500万円ほどの賞金獲得でした 優勝したドイツのマーチンカイマーは初日からの完全優勝で11年のマキュロイ選手に続いてUSオープン8人目の優勝です ドイツの選手の初めてのUSオープンの優勝です この日も2位の選手に8ストロークを離して勝っています 

 残された今年のメジャーは7月の全英オープン 8月の全米プロがあります 今回松山英樹選手は3.4日目に4オーバーづつでスコアを崩していますがいい経験をしたと思います とくに故障や怪我があったようでありませんので 心配はないようです 今回のようなコンデションの試合は経験のできないものでしょう 

 ラフのないゴルフ.コースなんかないように思いますが 水をまかなくて済むコース管理なんかを目指しているようですが 日本でこんなコースに維持するのはコストが高くなるだけでなく 一般のプレイヤーの不満だらけのコースになるでしょう それにしても酷いコンデションで見てても楽しくないコースです やはりマスターズトーナメントのような美しいコースでプレイをしたいものです

 USオープンはほとんどバーミューダグラスのコースで行われていません フェアウェイの中央部分のみに水をまいていましたが バンカーとウエストエリアの区別が難しいようなコースはゴルフコンペなどできないでしょう 同じコースで全米女子オープンが次週に行われますが どんなスコアが出るのでしょうか あまり関心がないです
プロフィール

奈瀬里 柴二

Author:奈瀬里 柴二

アクセス数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。